Phantom 4 RTK の概要

Phantom 4 RTKは、高精度地図作成機能を備えたスマートな地図作成および画像処理が可能なドローンです。

機体にはDJI Onboard D-RTKが内蔵されており、高精度データによりセンチメートル単位の測位精度の正確なデータを提供します。

 

前方/後方/下方ビジョンセンサーと赤外線センサーによる多方向障害物検知が可能です。
このカメラには、高安定性のジンバルに収納された1インチ20MPのCMOSセンサーが搭載されています。

 

地図作成機能については、高性能メカニカルシャッターにより、高速で画像を撮影するときのローリングシャッターの歪みを回避できます。

 

画像データを使用して、DJI AGRAS 機体を操作するときのフィールド計画のマップを作成することができます。

また、DJI GS Pro アプリケーションまたはサードパーティ製の地図作成ソフトウェアに静止画をインポートして、様々な用途に使える高精度の地図を合成することもできます。

 

→ Phantom4 RTKのご購入はコチラから

 

外観

外観

外観は、これまでのPhantom4に瘤(オンボードD-RTKアンテナ)が一つきり付いただけです。

 

 

下方ビジョンシステム

下方ビジョンシステム

カメラと超音波センサーによりホバリングを安定させます。

 

 

microUSBポート

マイクロUSBポート

PCと繋ぎ、データ移行をすること等ができます。PCアプリ「DJI Assistant2」を使ってアップデートを際にも使います。

 

 

リンクステータスインジケーターおよびリンクボタン

リンクステータスインジケーターおよびリンクボタン

機体と送信機のリンク状態を確認することができます。

 

 

microSDカード用スロット

microSDカード用スロット

写真や動画データを保存するためのSDカードを挿入します。

 

 

前方ビジョンシステム

前方ビジョンシステム

前方(1.2m〜)の障害物を検知します。

 

 

赤外線検知システム

赤外線検知システム

左右の障害物を検知します。

 

 

フロントLED

フロントLED

フロントモーターの左右下部にそれぞれついています。

 

 

モーター

モーター

プロペラに動力を伝えます。

 

 

プロペラ

プロペラ

プロペラが回転することにより、機体が上昇します。

 

 

機体ステータスインジケーター

機体ステータスインジケーター

LEDの点灯状態により、機体ステータス(通常もしくは警告)を知ることができます。

 

 

OCUSYNCアンテナ

OCUSYNCアンテナ

機体側のアンテナは4つの脚部にそれぞれ格納されてあります。

 

 

オンボードD-RTKアンテナ

オンボードD-RTKアンテナ

RTK モジュールは、機体に直接統合されています。測量/マッピング/調査ワークフローに対して正確なデータを取得します。

 

 

後方ビジョンシステム

後方ビジョンシステム

後方(1.2m〜)の障害物を検知します。

 

 

インテリジェントフライトバッテリー

インテリジェントフライトバッテリー

満充電の状態で約30分の飛行が可能です。未使用期間が10日間に至ると、65%まで自己放電します。

 

 

電源ボタン

電源ボタン

2回押すと、機体が起動します。2回目は長押しです。電源を落とす際も同様です。

 

 

バッテリー残量インジケーター

バッテリー残量インジケーター

1回押すと、バッテリー残量が確認できます。

 

送信機について

Phantom 4 RTK送信機は最大7km(日本国内は5km)までの伝送範囲に対応し、カメラの傾き、写真撮影を制御できます。

DJI OcuSyncは、送信機に組み込まれ、カメラから直接ライブHD画像を送信します。


DJI GS RTKアプリで画面をタップするか、KML/KMZファイルをインポートするだけで、便利なプロジェクト管理のための操作を計画できます。

 

また、送信機をPCに接続すると、DJI PC GS Proにアクセスして、計画や操作を実行することができます。

送信機の複数機制御モードは、最大5機の機体を同時に操作するために使用でき、操作者はより効率的に作業することができます。

 

交換可能なバッテリーは簡単にホットスワップ可能であり、アンテナを簡単に取り外すことができるので、迅速にメンテナンスすることができます。

 

Phantom4 RTK 操作の開始

撮影測量とウェイポイントの操作は、PC GS ProソフトウェアとDJI GS RTKアプリのどちらを使用しても実行できます。
次の例では、DJI GS RTKアプリを使用した撮影測量操作の手順を説明しています。
詳細については、PC GS Proユーザーマニュアルを参照してください(使用している場合)。

 

操作の開始

  1. メイン画面で「プラン」をタップします。「撮影測量」を選択します。
  2. マップをタップして端点を追加し、ドラッグして位置を調整します。
  3. 高度、速度、完了アクション、カメラ、および詳細設定。
  4. 「保存」をタップして、名前とコメントを追加して「OK」をタップします。
  5. 操作を使用します。
  6. カメラ設定のカメラビューでこのマークをタップします。
  7. 「開始」をタップします。
  8. スライダーを動かして操作を開始します。

 

ユーザーは、microSDカードを使用してKML/KMZファイルをアプリにインポートして、撮影測量の操作を計画することもできます。詳細については、Phantom 4 RTKユーザーマニュアルを参照してください。
操作をすぐに使用しなかった場合は、次の方法で操作を再度選択します。
左側のDJI GS RTKメイン画面 > 飛行 > に移動し、フィールドリストから操作を選択して、[呼び出し]をタップします。

 

  • 離陸は開けた場所でのみ行ってください。
  • 一時停止スイッチを押すと、操作を一時停止できます。機体はホバリングして分断点を記録します。
    その後、機体を手動で制御できます。操作を続行するには、もう一度リストから操作を選択して、再開します。
    機体は自動的に分断点に戻り、操作を再開します。
    アプリで複数のフライトモード間の切り替えが有効になっている場合、一時停止スイッチをフライトモードスイッチとして使用します。
    そのため、スイッチを切り替えるときに機体が Aモード(姿勢)に入る場合があります。必ず注意して機体を操作してください。
  • 操作が完了すると、機体は自動的にホームポイントに戻ります。
    RTHの代わりに、アプリで他の飛行アクションを実行するように設定することもできます。

 

→ Phantom4 RTKのご購入はコチラから

 

Phantom 4 RTK スペック

 

機体

 

離陸重量 1391 g
対角寸法 350 mm
運用限界高度(海抜) 6000 m
最大上昇速度 6 m/s(自動飛行)、5 m/s(手動制御)
最大下降速度 3 m/s
最大飛行速度 50 km/h(P-モード)
58 km/h(A-モード)
最大飛行時間 約30分
動作環境温度 0° 〜 40℃
動作周波数 2.400 GHz 〜 2.483 GHz(欧州、日本、韓国)
5.725 GHz 〜 5.850 GHz(米国、中国)
伝送電力(EIRP) 2.4 GHz
CECE (欧州)/MIC(日本)/KCC(韓国):< 20 dBm

5.8 GHz
SRRC(中国)/FCC(米国)/(台湾、中国):< 26 dBm
ホバリング精度範囲 RTK有効時で正常に動作中:
垂直方向:±0.1 m、水平方向:±0.1 m

RTK無効時
垂直方向:±0.1 mビジョンポジショニングあり)、
±0.5 m(GNSS測位あり)
水平方向:±0.3 m(ビジョンポジショニングあり)、
±1.5 m(GNSS測位あり)
映像位置オフセット カメラの中心の位置は、Exifデータの映像座標に適用済みの機体本体の軸(36/0/192 mm)の下の内蔵型D-RTKアンテナの位相中心に関連しています。機体本体のプラス軸x、yおよびzは、それぞれ機体の前方、右方向、下方に向いています。

 

地図作成機能

 

マッピング精度 ** 地図作成の精度は、ASPRSデジタルオルソフォトクラスの精度標準靴隆霆爐鯔たしています。
**実際の精度は、周辺の照明や地表の模様、機体高度、使用されている地図作成ソフトウェアや、その他撮影時の要因に依存します。
地上画素寸法(GSD) (H/36.5) cm/画素数、
Hは撮影現場に関連する機体の高度のことです。(単位:m)
データ収集効率 1回の飛行の最大操作区域は約1 km²(高度182 mで。つまり、GSDは約5 cm/画素数で、ASPRSデジタルオルソフォトクラスの精度標準靴隆霆爐鯔たしています。

 

ビジョンシステム

 

速度範囲 充分な照明がある地上2 mで50 km/h以下
高度範囲 0〜10 m
動作範囲 0〜10 m
障害物検知範囲 0.7 〜30 m
FOV 前方/後方:60° (水平方向)、±27°(垂直方向)
下方:70° (前方および後方) 50° (左右)
測定周波数 前方/後方:10 Hz、
下方: 20 Hz
動作環境 地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態 (15ルクス超)

 

カメラ

 

センサー 1インチCMOS、有効画素数:20MP
レンズ 視野角:84° 、8.8 mm/24 mm (24 mm判換算) 、f/2.8〜f/11オートフォーカス (1 m〜∞)
ISO感度 動画:100〜3200 (オート)
100〜6400 (マニュアル)、

写真:100〜3200(オート)
100〜12800 (マニュアル)
メカニカルシャッタースピード 8〜1/2000 s
電子シャッター速度 8〜1/8000 s
最大静止画サイズ 4864×3648(4:3)、
5472×3648(3:2)
動画撮影モード H.264、4K:3840×2160 30p
写真フォーマット JPEG
動画フォーマット MOV
対応ファイルシステム FAT 32(32 GB以下)、
exFAT(32 GB超)
対応SDカード microSD、最大容量:128 GB 書き込み速度15MB/s以上、クラス10またはUHS-1が必要
動作環境温度 0°〜40° C

 

インテリジェントフライトバッテリー (PH4-5870mAh-15.2V)

 

容量 5870mAh
電圧 15.2V
バッテリータイプ LiPo 4S
エネルギー 89.2 Wh
正味重量 468 g
充電温度範囲 -10°〜40° C
最大充電電力 160W
容量 4920mAh
電圧 7.6V
バッテリータイプ LiPo 2S
エネルギー 37.39Wh
動作環境温度 -20°〜40° C

 

インテリジェント バッテリー 充電ハブ (WCH2)

 

入力電圧 17.3 〜 26.2 V
出力電圧&電流 8.7 V、6 A、5 V、2 A
動作環境温度 5°〜40° C

 

→ Phantom4 RTKのご購入はコチラから